早稲田大学
ジャーナリズム研究所

J-Freedom
    HOME 

  






  「指定寄付金」のお願い
     ジャーナリズム研究所の活動にご支援を!

ジャーナリズム研究所は活動資金を求めています。
ジャーナリズム研究所を指定して大学にご寄付いただいた浄財は研究所の次の活動に使わせていただきます。
  • ワセダ調査報道ジャーナリズムプロジェクトWIJP
    研究所発のメディアを現在立ち上げ中で、3月11日にデータ・ジャーナリズム部門をサンプルとしてアップしました。調査報道ジャーナリズム部門の成果物(記事、動画など)は秋にアップする予定です。現在取材活動を継続しています。
  • ジャーナリズム・カフェー
    現役若手ジャーナリスト向けに、年に2回行っています。メディアで仕事をしている若手が参加します。横に繋がる自由な空間のなかで、「ジャーナリストであり続けること」を招聘研究員がサポートします。
  • ドキュメンタリー・カフェー
    大学構内でドキュメンタリー作品を観る会を学生向け、一般向けに定期的に開催しています。映画、テレビの優れたドキュメンタリー作品の視聴をとおして、今の日本を、世界を、考えます。作品の視聴とゲストのトークを組み合わせて行います。
  • ジャーナリスト養成教育
    全学共通副専攻ジャーナリズムをグローバルエデュケーションセンターに置き、すべての学部の学生を対象としたジャーナリスト養成教育を行っています。また、その修了生および他大学の学生のなかからリサーチャーを育成し、WIJPの活動に参加してもらっています
ご寄付は顕名でも匿名でも行うことができます。匿名をご希望の方は寄付サイトのなかで匿名にチェックを入れてください。匿名を選択されない場合、大学広報CAMPUS NOWに「寄付受理」として、ジャーナリズム研究所の項目にお名前が掲載されます。

みなさまのご寄付によるご支援をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

                                 所長 花田達朗

 指定寄付金のお申し込みの流れ(クレジットカード、インターネットバンキング、銀行振込)

  寄付のお申込みに際しましてはこの頁を開き 説明・注意事項を必ずお読みください。 
  次に、その頁の上か下のをクリックしてください。

 @クリックされますと、下記内容が表示されます。指定先の欄から研究所を選択してください。
 
 A 順に 申込者区分  
        寄付の種類     研究室・研究プロジェクト 
        指定先        機構 
        指定先(部門)   総合研究機構 を選択して、
        指定先(詳細)   ジャーナリズム研究所 とご入力ください。    



 
次に申込者情報などを順に記入いただき 画面の指示に従ってお申し込みください

  ※各カード会社、または決済代行会社から大学へ入金があり次第、「受入通知書」「領収書」「お礼状」をご郵送いたしますが、お申込みから約1〜1ヶ月半程度かかることがございます。領収書の発行日付は、各カード会社または決済代行会社から寄付金が本学に入金された日となります。お申込みが11月16日(インターネットバンキングは11月30日)以降の場合、領収書の発行日付が翌年となる場合がございます。この場合、寄付金控除も翌年の対象となります。あらかじめご了承ください。


なお、電子決済ではなく振込での寄付手続きをご希望の場合は、以下の問い合わせ先(研究所連絡先もしくは総長室募金課宛)にご請求ください。手続き書類についてご郵送いたします。



U.寄付金に対する税制上の優遇措置について

(1)所得税の寄付金による控除

早稲田大学への寄付金は文部科学省より寄付金控除の対象となる証明を受けています。[A]税額控除制度 と [B]所得控制度の2種類があり、確定申告の際には、寄付者ご自身においてどちらか一方の制度をご選択ください。

[A]税額控除制度
所得税率に関係なく所得税額から直接控除されるため、多くの方において、[B]所得控除制度と比較して減税効果が大きくなります。寄付金額が年間2,000円を超える場合には、その超えた金額の40%に相当する額が、当該年の所得税額から控除されます。
 (寄付金額※1 -2,000円)×40%=所得税控除額※2
※1 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
※2 所得税控除額は、その年の所得税額の25%が上限となります。
[B]所得控除制度
所得控除を行った後に所得税率をかけるため、所得金額に対して寄付金額が大きい場合には減税効果が大きくなります。寄付金額が年間2、000円を超える場合には、その超えた金額が、当該年の所得金額から控除されます。
 寄付金額※3− 2,000円 = 所得控除額
※3 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。

(2)個人住民税の寄付金による控除
早稲田大学へご寄付された翌年1月1日のご住所により、個人住民税の寄付金控除が適用される自治体がございます。対象自治体は、募金ウエブサイトにてご確認ください(http://kifu.waseda.jp/privilege/exemption/)。上記「(1)所得税および所得の寄付金による控除」の確定申告の際に、住民税の寄付金控除もあわせて申告することにより、翌年度の住民税から控除されます(平成26年にご寄付された場合、平成27年度の住民税から控除)所得税の確定申告をせずに住民税の寄付金控除のみを受ける場合は、自治体に申告してください。

 (寄付金額※4 -2,000円)×住民税控除率※5 =住民税控除額
※4 控除対象となる寄付金額は、ご寄付された年の総所得金額等の30%が上限となります。
※5 住民税控除率は、都道府県の指定は4%、市区町村の指定は6%、双方の指定は10%となります。


V.ご顕彰
【ご芳名の発表】
ご芳名を「早稲田学報別冊」ならびに本学広報紙上に掲載させていただきます(匿名でも承っております)

問い合わせ先
 ジャーナリズム研究所について
     研究所 HP:http://www.hanadataz.jp/index.html
     連絡先:hanada*waseda.jp(*を半角@にしてご使用ください)
     ジャーナリズム研究所長・花田達朗(教育・総合科学学術院教授)
 寄付の手続きについて
     早稲田大学 総長室募金課
     〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104
     TEL 03-3202-8844 FAX 03-5286-9801
   URL http://www.waseda.jp/kifu/