早稲田大学
ジャーナリズム研究所

J-Freedom

  Wasedocuフェス2016開催レポート


 HOME























 





Wasedocuフェス2016開催レポート

2016年6月30日(木)から7月3日(日)まで、早稲田小劇場どらま館で「ドキュメンタリーが語る原発と戦争」をテーマに「Wasedocuフェス2016」が開催された。早稲田大学ジャーナリズム研究所主催、ジャパンドックの協力。

 

初日は、2015年放送、系列局の秀作ドキュメンタリーを樹木希林氏が多彩なゲストとともにあらたに蘇らせた、東海テレビ制作の画期的な作品『戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅』(全6回)を初上映。午前10時から10時間にわたる長時間作品にもかかわらず、熱心な観客が全編を見た。途中、樹木希林氏、東海テレビ阿武野勝彦プロデューサ-、土方宏史ディレクターのトークも行なわれ、会場からの質問を受けながら、制作背景やエピソードが語られた。

 
 (樹木希林さん)

2日目は、瀬戸内海放送制作の『クワイ河に虹をかけた男』(2016)特別試写会と劇場公開中の『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』(2016)、2本の新作ドキュメンタリーをそれぞれの作者、満田康弘監督と古居みずえ監督らのトークも交え上映。

 
 (向かって右 古居みずえさん、左 野中章弘さん)

3日目は、「アーカイブを見る」をテーマに、『戦ふ兵隊』などで知られる亀井文夫監督の戦後の代表作『生きていてよかった』(1956)、『流血の記録 砂川』(1956)の2本の上映後、中国電力が、放送後「圧力」をかけた広島テレビの『プルトニウム元年(企) 隠される被ばくヒロシマは…』(1993)、そして『天皇と軍隊』監督の渡辺謙一監督が制作した『ヒロシマの黒い太陽』(2011)、さらにチェルノブイリ関連の2作品を上映した。

最終日は、満席の会場で、「原発は戦争の顔をしている」と題してチェルノブイリとフクシマの原発事故に向き合った3本のNHKのドキュメンタリー作品を上映後、3人の制作者と早稲田大学ジャーナリズム研究所の金平茂紀招聘研究員が議論した。2015年のノーベル文学賞受賞者スベトラーナ・アレクシェビッチの世界を描いたNHKスペシャル『ロシア・小さき人々の記録』(2001)を作った鎌倉英也氏(NHK名古屋)は「対ドイツ戦争にせよアフガン戦争にせよ、戦争とチェルノブイリ原発事故は、被害を押しつけられる最底辺の小さな人々とっては全く同じものだった」と語った。2016年3月放送のBSプレミアム『赤宇木』は放射能汚染で100年は帰れなくなった山村の太古から移民や戦争にまで連なる歴史を描いた作品だが、担当した大森淳郎氏(NHK放送文化研究所)は「土地に生きる村人にとって出征して異国で戦死することも、放射能で村を追われることも同じように違和感の塊。誰も責任をとらないところも一緒だ」と指摘した。真の事故原因を国家ぐるみで隠ぺいした実態を検証したNHKスペシャル『チェルノブイリ・隠された事故報告』(1994)の制作者、七沢潔招聘研究員は「戦争体制の中で生まれた原子力を抱える社会は、秘密主義や異論の排除を行うなど軍事社会と同じ構造をもつ」と言い、金平氏は「ソビエトが行った隠ぺいはいま東電や日本政府がやっているの同じ」「真実に迫ることで作品は普遍的な価値をもつ」と評した。「国家のつくる神話にどう対抗するか?」という会場からの問いには、「やんちゃものを紹介し、個人の自由を拾い上げる」(金平)、「編集過程を透明化して圧力に抗する」(鎌倉)、「転勤が怖いという自分たちの卑小さに抵抗する」(大森)、「事実を無かったことにする力に対し、記録すること、伝えることで戦う」(七沢)と答えた。

 
 (向かって右 金平茂紀さん、左 七沢潔さん)

4日間にわたって映画とテレビドキュメンタリー、17作品の上映とトーク。市民や学生、ドキュメンタリー映画の監督やテレビの制作者など延べ600名を超える参加者で終了した。

 
 (『赤宇木』上映中の会場)


 ■ チラシ